さいおうの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主・社民・国民新党の連立

<<   作成日時 : 2009/09/05 16:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

民主・社民・国民新党三党の連立問題が焦点になっている。

日本での連立は、閣内で全てが一致していなければならないように思われている。
そもそも、思想信条・政策が違う政党なのだから一致していないのが当たり前のことなのだ。
一致していることは何か、一致しないことは何か、を明確にすることが大切なのだ。
また、現時点で一致していても将来一致しないことだってあり得る。
そういった柔軟性が必要だ。
だから、今回憲法・自衛隊問題で一致しないことがあっても良いのだ。
だが、具体的法案ではむずかしい。
例えば、インド洋での給油について。
直ちにか、半年後かの違いはたいしたことではない。
そこにはまだ、妥協の余地がある。
だが、将来においても継続するというなら、社民党は内閣に入るべきではない。

また、民主党にとっても連立は重要である。
参議院で過半数に達しないから連立するのではなく、
少数派でもその意見は重要だとする柔軟さを将来に渡っても持ちうることが出来るかは重要なのだ。
民主党が謙虚さを忘れたとき、民主党は傲慢になって自壊していくだろう。
連立は、危うさではなく豊かさとしたたかさの証なのだ。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
民主・社民・国民新党の連立 さいおうの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる