さいおうの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮の延坪島への砲撃について

<<   作成日時 : 2010/11/25 16:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

北朝鮮が、韓国の延坪島に砲撃を加えた。日本全土で、猛烈な北朝鮮批判が行われている。
だが、私はちょっと待てよと言いたい。
北が何を言っているのかを冷静に耳を傾ける必要がある
あの領域は、北にとっては、自国の領土なのである。
その領域内では軍事訓練をしないでくれと言う北の要望を無視して、アメリカと韓国は軍事訓練を行ったのである。
正直な所、今回軍事的挑発を行ったのは、アメリカと韓国であった。
また、私はその真偽は分からないが、南北を分ける軍事境界線は陸上のみで海上については合意がされていないという。
朝鮮戦争の勃発以来、正式な停戦協定は関係各国で結ばれていないとも言う。
米国・韓国の主張のみを無条件に正しいとは言えないのではないだろうか。
だが、北朝鮮が言う今回の北朝鮮の米韓への制裁は許される水準をはるかに逸脱したものである。
米韓中北のそれぞれの思惑は私にはよくわからないのだが、米中が覇権を争おうとしていることが背景にあって、それを北が利用したのだと私は思う。
どの国々も軍事的に解決は出来ないのだから、交渉するしかないのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮の延坪島への砲撃について さいおうの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる