さいおうの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 危機管理ではなく、秘匿管理の日本政府

<<   作成日時 : 2011/03/13 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

政府も東電も原子力保安員もマスメディアも福島第一原発3号機の現状を全く明らかにしていない。
「調査中・慌てないで」しか言わない。
モニタリングはどこで行われ、数値の変化はどうなっているのか、
現場に一番近い職員は何人で、現在どこにいて、きちんと連絡が取れているのか、
彼らは何の仕事をしているのか、
その連絡は危機管理室とホットラインで結ばれているのか、
自家発電装置が破壊され、あらたな自家発電装置が導入されたのに作動しないのはなぜか、
また、関係団体で対策本部設置されているのに何故そこから一本化された情報が常時提供されないのか、
マスコミは何故以上ような基本的疑問点を追求・明らかにしないのか、
重大な事実を隠蔽していることは疑いない。
一番大事なのは、現状・事実の公表である。菅総理は『命がけ』などと相変わらず言葉だけ、まるでこの悲劇を政権の延命に利用出来ると喜んでいるかの様だ。

自衛隊が撮影した映像が時折テレビで流されているが、自衛隊の撮影は誰が支持し、誰が公開を決めているのか、
政府は自衛隊をコントロールしているのか、
自衛隊が映像を持っているなら政府は全て公開するべきである。
ユーチューブで流せばいいのだ。

NHKの原田しアナウンサーは、口で慌てないでと言いながらすごい早口で、興奮してしゃべっている。
まるで自分が熱血漢で、物事を良く知っているんだと自慢するかの様に。
こういう時こそ冷静に静かに語って欲しいものだ。
ANNの山口豊もいかにも自分は知っているのだと言わんばかりに解説者やサブアナが話しているのを遮って、
口を挟み、早口でまくし立てる。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー レンズ
危機管理ではなく、秘匿管理の日本政府 さいおうの独り言/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー レンズ
2013/07/06 02:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
危機管理ではなく、秘匿管理の日本政府 さいおうの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる