さいおうの独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島原発の危機が増大

<<   作成日時 : 2011/03/26 11:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよ福島原発の危機が増大している。
東電・原子力保安院・政府の事故・事実の公表が、後出しになっていることが我々の不安を拡大させている。
中央制御室が使用できなかったこと、従ってあらゆる計器類が作動していなかったことは全く言われていなかった。
それらが、明らかにされたのはつい先日のことであって、事故後10日も過ぎていた。
それなのに当初は、全くの根拠なしに重大な事故にはならない等と言っていたのである。
放射線量の数値が公表されたのも同様である。
私は、日常的に放射線については関心を持っていなかった。
そもそも野菜や水道水の放射線量測定は今回だけでなく普段も行われているのかどうかについても私は知らない。
理科の知識が少しある妻は、放射線と一口に言っても色々な種類があって、
拡散しやすいもの、水に溶けるもの、半減期が短いものや長いもの、重度の危険性があるもの、
障害にも急性のものと晩発性のものがあり、また内部被曝と外部被曝の違いもあるし、
それらの一々の分かり易い説明と、それぞれの放射線ごとの個別のデータと経時的変化が大事だという。
多量の放射性物質や悪質なプルトニウムを持つ使用済み核燃料が、ほとんど無防備の状態で保管されていたなんて信じられないし、
タービン建屋内での被爆がもし今回明らかにならなかったら、
建屋内が水浸しになっていたことも公表されなかったのではないでしょうか。
自主避難とはまことにいい加減・無責任である。つまり、移動の手段も、費用もすべて自分でしなさい、政府や役所は何の責任も負わないよ、というもの。
職場は、病院通いは、学校は、病人や高齢者は、住居はどうしろと言うのでしょう。
そもそも放射能防護服や装置の提供はしないのでしょうか。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島原発の危機が増大 さいおうの独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる