アクセスカウンタ

<<  2009年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


今度の選挙の本当の課題は、ワーキングプア

2009/07/28 18:00
労働者間の差別・格差は、かつては、大企業と中小零細企業との格差=二重構造と言われた。
農村からの出稼で来ていた労働者の一部は、高成長期、そのまま季節工とか、大企業の社外工、臨時工という形都市に残った。
賃金・労働条件とうに差別・格差があったが、高成長期には労働者にある程度賃金をペイし、雇用できた。
だが、高成長期の終焉・不況時代の到来とともに、企業は自己の利益を確保するために労働者の首切り・合理化に手を染めた。
派遣労働の開始ととも、社外工・臨時工・請負工・アルバイト等資本都合の良い労働=雇用形態の複雑化が始まった。
小泉規制緩和は、その正当化・推進・常態化が進んだ。
自己の既得権益の拡大・守ることだけに力を注いできた大企業労働者は、こうした労働界全体の劣悪化に無力どころか、かえって推進してきたとさえ言って良い。
現在では、早期退職・配転・出向という形の正規職員の非職員化攻撃に全く無力になってしまっている。
こうして、全ての労働者のワーキングプアへの恐怖が常態化している。

実は、今度の政権交替は、こうした事態への保守への批判=国民の反発ではある。
だが、民主党・野党はこうした事態への根本的解決策を持たない。
政権交替は、目的ではなく、改革の手段なのに、あたかも政権交替で全てがうまくいくという幻想を振りまいている。
真の改革は、決して簡単ではないこと、痛みも伴うこと、だができる道筋を示せるかにかかっているのだ。

従って、1、2期は民主党・野党が政権を担うことができるかもしれないが、この間は禊ぎ期間として息を潜めている保守にその足下をすくわれるだろう。

民主党・野党は浮かれることなく、成長経済によるパイの拡大=好景気ではなく、マイナス成長でも良い、市民社会の本当の力強さ=社会民主主義社会への構造改革へと発進しなければならないのだ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トルコ旅行・7/13〜7/21

2009/07/26 09:42
昨年の10月に引き続き、トルコに行ってきた
今回はHISのツアーに家族で参加した。

管理の強行スケジュールだが、おもしろかった。
だが、私は路面電車内で電子辞書を掏られ、
またイスタンブルのグランドバザールでは迷子になり、集合時間に遅れ、
家族の信頼を全く失ってしまった。

トルコで掏りにあったのだが、このことでトルコの治安が割るなどとは言えない。
掏りなど世界中どこにでも居るのだし、鞄を前にしておかなかった私が悪いのである。

パムッカレ
画像

カッパドキア
画像

カッパドキアで気球に乗る
画像

イスタンブルブルーモスク
画像


アンカラからイスタンブルまでは、寝台特急であった。
トルコの食事はとても良かった。
トイレ事情も良かった。
最悪は、飛行機事情である。
成田・モスクワ間が10時間かかるのは仕方ないとしても、
座席の狭さ・トイレの数の少なさ・乗り継ぎ時間の長さは耐え難いほどひどいものであった。
海外旅行の困難は、言葉の壁もあるが、もっと大きいのはこの飛行機の苦行だ。

トルコは日本の約2倍の広さを持っている。
それを一週間で回るのだから、トルコの実際を見たとは言えないのだが、
私は、トルコが好きである。
イスタンブルはもう一度言ってみたい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


池上本門寺を訪れた

2009/07/12 11:28
7月11日、大田区の池上本門寺を訪れた。
画像
約700年前、日蓮聖人はこの地で病のなり没したという。
画像

本門寺は小高い丘の上にある。96段の急な坂を登り切ると、仁王門前の広場になる。
そこにはたくさんの鉄製風鈴が鳴っていた。
7月中旬ではあったが、薄曇りで、かなり涼しい風が吹いていた
ゆっくり境内を巡った。
境内はとても広いのだが、ベンチが無かった。

この広大な敷地は、有力檀家が寄進したそうだ。
徳川幕府の庇護もあったが、太平洋戦争で焼失し、再建された。
建物は巨大だが、名刹の趣はない。画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サミットは世界を救えるか

2009/07/09 16:24
イタリアサミットを中国の胡錦涛主席が欠席する。
中国を取り込もうとするサミット国の思惑は水泡となった。
そもそもG8、サミット、G20そして国連でさえ、アメリカ発の金融危機、
イスラエルの暴挙、諸国間の戦争、民族紛争解決はできない。

ブッシュの時は京都議定書すら放棄していて、今度はエコなどと叫んで全くおかしい。
日本など即座にアメリカに右向け右だもの。
オバマが来年、ワシントンで核サミットを開くという。
核拡大はナンセンスだが、わずかの核軍縮で核廃絶などと言うのは全く目くらましだ。
5大国で核を独占していて、ありもしない核テロ対策をするというのだから。

国連の常任理事国体制=そもそも大国にのみ拒否権を与えるのはおかしいのだ。

日本は本当に、非武装中立=全く軍事力を持たない道を選ばなくてはならない。
一見、非現実的で無力のようだが、それが一番現実的で、日本と世界に幸せをもたらす。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中国ウルムチ

2009/07/08 16:29
中国ウルムチの事態はどうなっているのだろう。

両者の言い分をそれぞれ半分ずつ割り引けばいいのだろうか?

チベットと違ってウルムチは天然資源が豊富なところだ。
中国中央政府はここを絶対手放すことはしない。
中国資本と漢民族の進出は、貧富の格差や生活慣習の違いなど、
その地で大きな民族的軋轢・対立がを生み出されていることは確かなのであろう。

中央政府・軍・警察への反発も大きいのだろうが、
民族間、民衆間の対立・憎悪はとても深刻で悲劇的だ。
漢民族のデモ隊が手にナタやスコップなどで武装している映像が流れた。
そう、素手や棒きれで殴り合うレベルを超え、殺し合いのレベルだ。

豊かなものから豊かになる路線の修正はもはや聞かない。
貧富の差が、都市と農村という地域間格差、漢民族と少数民族と言う民族対立、
同じ民族内で教育や出身階級・階層の格差など、
対立が複雑となっている。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東国原に振り回される自民党

2009/07/08 16:09
自民党は東国原に振り回され、あたかもピエロだ。

東国原、橋下、森田健作を支持する日本国民はアホーとしか言いようがない。
実際のところ県行政は誰がやってもほとんど変わらない、というのが実態ではある。
確かに彼らの権限は大きいのだが、予算の裁量権があるわけではない。
だが、彼らが果たす政治的影響はとても大きい。
国民世論の大きな影響を与えるからだ。

次の衆議院選挙で東国原が自民党の広告塔として果たす影響は大きいのだ。
おかしいことだ。

民主党も情けない。
事前に鳩山の身体検査をしなかったのだろう。
岡田はどうなのであろうか。
彼がクリーンであれば、彼にしておけば大勝利であった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


たけしーそのまんま のいいかげん

2009/07/05 09:12
昨日、タケシ司会の『TBSのニュースキャスター』を見た。
東国原の生出演を延々と15分以上[正確ではない]も生放送した。
馬鹿な国民は東国原に人気を与えているが、タケシの放送私物化だ。
実に不愉快であった。
地方分権化は重要だが、唯一の問題ではない、
橋下大阪知事らタレント知事をよいしょしすぎである。
お得なポイント貯まる!ECナビ

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鳩ぽっぽのいい加減さ

2009/07/04 14:52
鳩山由紀夫の政治資金の不透明さが問題になっている。
これは、死んだ人間からの献金などきわめて不自然だ。
個人献金額が少ないと良くないので、鳩山の個人的資金から転用したという。
それもおかしい、どうしてそんな数字あわせをする必要があるのだろうか。
個人献金者が少ないとかっこわるいということなのだろうか、
もしそうだとしても事実でない金の流れ、帳簿記載はおかしくはないのか。
鳩山の個人の金なのだから、嘘でも良い、と言わんばかりである。
これが民主党でなく、自民党であったらどうであろうか。
人に厳しく、自己に甘い、これは逆でなければおかしいのだ。
仮に、鳩山がこのまま居残り、選挙に勝ったとしても、この不正は隠蔽してはならない。
また、自民党などから追求されるだろう。
その時鳩山は持たないことにどうして民主党は気がつかないのだろうか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


西新井大師を参拝した

2009/07/03 22:37
西新井大師・総持寺を参拝した。
王子駅から都バスで行った。
都バスは、信号で止まるとエンジンを切っていた。
都バス料金は一律200円、スイカ等で支払うことが出来、約20分であった。
平日だが、人々が少なからず居た。
この寺で気になったのは、境内での禁酒であった。
きっとお酒を飲んでのトラブルがあったのだろう。
画像画像























歩いた距離は短かったが、境内でおにぎりを食べ、ゆったりした時間を過ごした

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東国原知事、国政に転身

2009/07/01 14:31
いやはや、東国原知事が国政に転身するそうだ。
近日中に、麻生総理は、内閣改造か・党役員改選を行うという。
東国原知事を総務大臣か分権担当か無任所で登用するという。

東国原の転身の理由=地方分権を進める為には国政しかないというもおかしい。
シングルイシュはわかりやすいが、これが全てでは絶対にない
今度の選挙は、単に景気回復でもない。
国民が、本当に安心して暮らすことの出来る社会とは何か?だ。
まじめに働く意思があれば働くことの出来る社会、
夫婦でまじめに働けば子育てが出来る社会、
貯金しなくても老後が生活できる社会、
他国を侵略=経済的に収奪しなくても成り立つ社会、
農業・漁業でも生活できる社会、
そうした社会は可能なのか、それとも不可能なのか、
そのためには国民は税をどれくらい負担しなければならないのか、
などについて今後ともまじめに議論し、政策を練り合わせることが出来るかどうかだ。

反対のための反対や、人気取りのパフォーマンスでない、本当の議論=政治とは、
合意を勝ち取るべく双方が歩み寄ることであって、それが本来の民主主義なのだ。

だが、現実は、メクラマシ・多数決だけだ。



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


<<  2009年7月のブログ記事  >> 

トップへ

さいおうの独り言 2009年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる